Since 2004/12/03
Bravadoに 新規登録しませんか?  
メインメニュー
アクセスカウンター
today
yesterday
total
FROM 2004/12/3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2005年11月30日(水曜日)

DCF法とは

カテゴリー: - たけうち @ 16時13分00秒

DCF法とは、ディスカウント・キャッシュ・フロー法のことである。

 
 
将来、企業が生み出すキャッシュフローを現在価値に割り引いたものを足し上げて、
負債価値を控除するというものである。
  
 
予測期間は5年から10年の間で設定するのが一般的である。
 
それ以降はどうするのかというと、
一定の水準で業績が推移すると仮定した価値(ターミナルバリュー)を算出するのである。
 
 
最初に、財務・会計の講義で習ったときは、他の企業価値算定方法に比べて、優れていると感じた。
 
 
しかし、慣れてくるとこの方法は、けっこういい加減な方法だったりすることが分かる。
 
特にいい加減なのは、ターミナルバリューである。
 
理由は、成長率の数字によって、算出される額が相当ブレるからである。
 
他にも、割引率の設定や、事業計画が計画どおりに行われるのかどうかも、
結果に大きく影響する。
 
 
いろんな証券会社から、銘柄リサーチがレポートされていて、
内容をみると、DCF法を使った将来の企業価値から、将来の適性株価を予測している内容が多いが、
決して、鵜呑みにしてはいけない。
 
 
むしろ疑ってかかったほうがよいのかもしれない。
 
 
個人が株を購入する際の、銘柄選定基準は、
自分がその企業のユーザーになりたいかどうか
だけでも良いのではないかと思う。
 
なぜなら・・・、
 
題名と関係ない話になってきたので、終わります。
 
銘柄選定基準については、別のエントリで書きます。
 
 
バイチャ
 


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.bravado.sakura.ne.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/485

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


19 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

検索
管理人Blog最近の投稿
管理人Blog月別過去ログ
管理人Blogカテゴリ一覧
copyright (c) 2003 OCEAN-NET All right reserved